うみぞら映画祭 淡路島の水上スクリーン

上映作品目次

『ダンボ』(吹替)

上映作品|ダンボ

上映会場:海の映画館

5/25・5/26 19:00~
海の映画館(大浜海水浴場)にて上映

上映時間:112分 公開:2019年
監督:ティム・バートン
キャスト:コリン・ファレル、マイケル・キートン、ダニー・デビート、エバ・グリーン、アラン・アーキン
配給:ディズニー

1941年製作のディズニー・アニメの古典的名作「ダンボ」を、「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督のメガホンで実写化したファンタジーアドベンチャー。サーカス団に飼われ、大きな耳を使って空を飛ぶことができる小さなゾウの子ども「ダンボ」が、引き離された母親を助けるため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出す姿を描いた。出演は、サーカス団の元看板スターでダンボの世話係を任されるホルト役にコリン・ファレル、サーカス団の空中ブランコのスター、コレット役に「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」など近年のバートン作品に欠かせない存在となっているエバ・グリーン、ダンボを使って金儲けを企む企業家ヴァンデバー役に「スパイダーマン ホームカミング」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のマイケル・キートン。

『ボヘミアン・ラプソディ』(胸アツ応援上映)

上映作品|ボヘミアン・ラプソディ

上映会場:海の映画館

5/25・5/26 21:30~
海の映画館(大浜海水浴場)にて上映

上映時間:135分 公開:2018年
監督:ブライアン・シンガー
音楽プロデューサー:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー
キャスト:ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ
配給:20世紀フォックス映画

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。
「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。
日本でも2018年公開映画でトップとなる興行収入127億円を突破。社会現象とも呼べる大ヒットとなった。第76回ゴールデングローブ賞では最優秀作品賞(ドラマ部門)、最優秀男優賞(ドラマ部門)を受賞。第91回アカデミー賞でも作品賞を含む5部門にノミネートされ、主演男優賞ほか4部門を受賞した。
※海の映画館への入場は、上映開始時間の60分前より係員により入場列を整理いたします。
※「ボヘミアン・ラプソディ」は終映が23時を過ぎるため、兵庫県青少年愛護条例に基づき、18歳未満(高校生以下)の方は保護者同伴でもご入場頂けません。

『時代おくれ』(沖縄国際映画祭2019上映作品・オール淡路島ロケ映画)

上映作品|時代おくれ

上映会場:ホール映画館/レトロ映画館

5/25 10:30~、12:30~、14:30~
ホール映画館(洲本市文化体育館)にて上映

5/26 10:30~、12:30~、14:30~、16:30~
レトロ映画館(洲本オリオン)にて上映

上映時間:93分 公開:2019年
監督:大継 康高
キャスト:間 寛平、間 慎太郎、前田真希、中尾萌那、榊原徹士(吉本坂46)、たむらけんじ、河島あみる

淡路島出身・阿久悠作詞のヒット曲「時代おくれ」の世界観をイメージして作れらたオリジナルストーリー。生まれも育ちも淡路島育ち、島を一度も出たことのない銀行マン・山本剛史が一人娘を嫁がせるまでの半生を描いた作品。
「時代おくれ」の歌詞にある「妻には涙をみせないで 子供に愚痴をきかせずに 男の嘆きはほろ酔いで 酒場の隅に置いていく~♪」のような、不器用だが愛のある島の男を間寛平と息子でアーティストの間慎太郎が演じる。淡路島島民100名以上がエキストラとして出演。
淡路島の豊かな自然やレトロな街並み、島の人々の温かさが感じられる映画となっています。

『あの空の向こうに』『あの空の向こうに~夏雲~』(南あわじ市のサイクリングコースが劇中に登場)

上映作品|あの空の向こうに

上映会場:レトロ映画館

5/25 11:30~、14:30~
レトロ映画館(洲本オリオン)にて上映

上映時間:70分 公開:2018年
監督:川野 浩司
キャスト:山下リオ、矢部昌暉(DISH//)、福田祐亮(超特急)

兵庫県南あわじ市・徳島県鳴門市をめぐる「ASAサイクリングコース」とコラボした短編映画。
序章では、主人公の亜海(山下リオ)が人生の目標を見失いながらも、高校時代を共に自転車部で雄大な自然を駆け抜けた洋斗(矢部昌暉)と、湊太(福田祐亮)との想い出の中に、忘れていた夢への情熱を思いだすまでを描き、その続編となる「夏雲」では、序章のエンディングで、サイクリングを通して自身の夢を再発見した亜海が、地元でのサイクリングイベントを企画。
イベントに訪れた自転車マニアの豊(津田寛治)と高校2年生の岳(田中洸希)の親子、自転車で日本縦断を夢見る高校2年生、大地(松村和哉)との間で巻き起こる物語が描かれている。

『あったまら銭湯』(オール淡路島ロケ映画)※入場無料

上映作品|時代おくれ

上映会場:レトロ映画館

5/25 10:00~、13:00~、16:00~
レトロ映画館(洲本オリオン)にて上映

上映時間:70分 公開:2016年
監督:大継 康高
キャスト:笹野高史、松原智恵子、ささの堅太、中尾萌那、コザック前田

淡路島にある小さな銭湯「扇湯」を舞台に繰り広げられる不器用な男・佐々木の恋の物語。主演の佐々木正信役を演じたのは、淡路島出身の俳優・笹野高史。
その50年前の役を演じたのは、笹野高史の息子で俳優のささの堅太。佐々木正信の初恋の女性・慶子役には、日本を代表する女優・松原智恵子。その50年前の役を演じたのは、淡路島全域オーディションでヒロインに選ばれた現役高校生の中尾萌那。
そして、本作品のキーマンである番台役として、神戸を代表するロックバンド・ガガガSPのコザック前田。劇中に流れる曲もガガガSPが担当する。

Copyright (C) うみぞら映画祭 All Rights Reserved

PAGE
TOP

うみぞら映画祭facebook

うみぞら映画祭twitter

うみぞら映画祭instagram